2020年鬼々よろしく魁望蓮テーマ

まんまる


~「つ」離れし 思いが昇りし この空へ 

           角のなきまま 転上す~


人は、経験を重ねると、「角がとれて丸くなる」と言われる。それは、これまで出会った人、もの、出来事に、あなたが一生懸命ぶつかっていった証。

少しの力では角は欠けないのです。

一瞬一瞬を大切にして、全力で取り組んだ。

その結果が、角を一つずつ取り、今のあなたを作っているのです。

そして、今もあなたは、自分では気付いていない角を持っています。

目の前のことに真剣に取り組むことが、角の取れた丸みを作り、

「まんまる」な人間に近付くのです。


まんまるな人は、裏表がなく誰が見ても同じように見えます。

まんまるな人は、その角で人を傷つけることがありません。

まんまるな人は、自分の進むべき道を転がるように進むことができます。

まんまるな人は、人が無理だと思うこともできます。

そう、空へ転がって昇る、想いのように。



2020年はおにおに10周年を迎えます。

2020年は、逆に読んで0202(おにおに)になります。

つまり、私たちの年。

10周年のゼロも、「まんまる」です。


また、落語の世界の言葉で、「つ離れ」というものがあります。

数を数えるとき、1つ、2つ、3つと数えていくと、9つ、ときて、初めて10で「とお」と『つ』をつけなくなります。

10人お客さんが入って、一人前と呼ばれるため、その目安を表す言葉として、つ離れがあります。

10周年を迎えて、これからさらに私たちはオリジナルの道を歩みます。その決意を込めて、つ離れ。


◎10年間、よく頑張りました!の花丸の意味で、「まんまる」

◎10周年の「まんまる」

◎これからますますいい連、いい人を生み出す意味の「まんまる」


たくさんの思いを込めた、まんまるな一年がスタートです!



さぁさ おにおに うらじゃ!